気分上々~tentenが行く~

日々の出来事から韓国ネタを気分上々↑↑で..
2017년 08월
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>

 -information-

お久しぶりで~す、気が向くままに更新・・(苦笑)

ご訪問有り難うございます^^ 방문 고맙습니다
☆本ブログに不適切なコメント・TBは削除させて頂きます.. 미안해요


from.tenten
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                
スポンサー広告 |permalink
GO
                 
                  GO  金城一紀
 
重い内容かと思いきや、意外にも意外
頭から”これは僕の恋愛の話だ..”と切り出しているように
主人公・杉原の恋の行方へと
彼を取り巻く人間関係がユーモアたっぷりに軽快に描かれていて
とても読みやすく途中泣けてしまった
 
青春小説の1つに過ぎないのかもしれないけど
読むたびに違った何かを感じれるような..

この本は友達に勧められました
勿論、ずいぶん前に映画化されているのは知っていたけども
未だに見ていません

その甲斐あってかどうかはわかりませんが
頭もクリアーな状態で一気に読めて、そしてまた読んで...
読む前に、ただ知っていたことは1つ
在日韓国人である主人公の物語だったという事

未だによくわからないし、理解しがたい
「在日」という言葉

強く残る「俺は何者か?」
その一言には、ものすごい奥深さを感じます
私自身、日本人である前に
未だに、一体、自分が何者なのか何なのかわかっていない

決してこの本が全てでは無いけれど
今尚続く複雑で多面的な日本社会における彼等の立場を
少なからずとも、感じ取り考えるきっかけが得られると思います

私はストーリーに出てくる”ミトコンドリアDAN”の話がとても好き
自分たちは”たった1人の女の人”から
無数の枝分かれの末にこの世に生まれてきている...
.....ルーツは国境に縛られない....

人類皆兄妹
ずいぶん前に聞いた言葉を思いだした
そう、国籍云々の前に私達、
同じ生きてる人間であるって事を忘れてはいけないのに



                                
見よう&読もう | trackback(0) | comment(0) |permalink
<< MCモン - 「狂いそう (feat. M.A.C)」  | home | 石焼ビビンバ >>
comment
write
管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
trackback
| home |
                                                                 




                                                                                   





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。